資料請求

2024年最新版!生成AIビジネス×著作権 法的論点とトレンド

2024年最新版!生成AIビジネス×著作権 法的論点とトレンド

現在、世界中で大きな注目を集めている人工知能、「生成AI(Generative AI)」。誰でも簡単に、自然でハイクオリティなコンテンツを生成することが可能になり、様々な領域のビジネスに大きな変化をもたらしています。

生成AIの活用は、ビジネスの可能性を広げる一方で、いわば “情報の所有権” を定めた法律である著作権法との関係には留意が必要です。すでに海外では生成AIと著作権に関する複数の訴訟事件が生じています。


2024年3月、文化庁は「AIと著作権に関する考え方について 」を公表し、生成AIと著作権について網羅的に論点を取り上げています。生成AI関連サービスを開発し、あるいは生成AIをビジネスで活用するためには、生成AIと著作権に関する最新の議論状況を理解することが不可欠です。

本セミナーでは、著作権の観点から、生成AIにおける最新の法的論点や文化庁ガイドラインの内容、生成AIを活用したビジネスを展開する際に留意すべき事項などを解説します。講師は、AIをはじめとする最先端領域に関して研究・実務対応を行う法律事務所ZeLo・外国法共同事業の島内洋人先生です。


このセミナーで学べること

  • 生成AI×著作権の主要な法的論点
  • 最新の生成AI×著作権に関する議論状況・最新の文化庁ガイドラインの内容
  • 生成AIをビジネス活用する際に著作権法上留意すべき点

こんな方におすすめです

  • 企業の経営層の方
  • 新規事業・経営企画ご担当の方
  • 法務責任者・ご担当の方


講師

島内 洋人
島内 洋人
法律事務所ZeLo・外国法共同事業 弁護士 第二東京弁護士会

2017年東京大学法学部卒業、同年司法試験予備試験合格。2018年司法試験合格。2019年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)。2020年法律事務所ZeLo参画。クロスボーダー取引を含むM&A、ストック・オプション、スタートアップ・ファイナンスなどコーポレート業務全般を手掛けるほか、訴訟/紛争案件も担当。また、AI、web3、フィンテックなどの先端技術分野への法的アドバイスを強みとする。主な論文に「ステーブルコイン・DeFiとCBDC」(金融・商事判例1611号、2021年)、「スタートアップの株主間契約における実務上の論点と対応指針」(NBL 1242(2023.5.15)号)など。

アンケート回答特典 セミナーの講義資料をプレゼント

開催概要

開催日時
2024年7月24日(水) 14:00〜15:30
受講料
無料
視聴方法
お申込みいただいた方へ、開催前日に視聴用URLをメールにてご案内いたします。
前日正午までに案内メールが届かない方は、お手数ですが、 seminar@legalontech.jp までお問合せください。
ご注意
以下の事項につきあらかじめご了承のうえお申込みください。
  • 株式会社LegalOn Technologies(以下「当社」という)と同業他社に所属される方や法律事務所に所属される方のご参加はご遠慮いただいております。
  • 講義の内容は講師に一任をしており、当社は監修等を行っておりません。
  • 講義内容へのご質問は、本フォームから受け付ける事前受付とセミナー開催時間内のみ受け付けいたします。セミナー終了後にいただいたご質問へはお答えできません。また、セミナー開催時間内にいただいたご質問であっても、全てのご質問にお答えすることをお約束するものではありません。予めご了承ください。
  • お申込み情報に不備がある場合、参加をお断りさせていただく場合がございます。各項目を正しくご入力の上、お申込みくださいますようお願いいたします。
  • 本セミナーに関し、予告なくセミナータイトル等を変更させていただく場合がございます。


お申し込み受付は終了いたしました。