資料請求

2024年11月施行!フリーランス保護新法の要点と実務対応策

2024年11月施行!フリーランス保護新法の要点と実務対応策

2024年11月より、いよいよ「特定受託事業者に係る取引の適正化等に関する法律」(いわゆる「フリーランス保護新法」)が施行されます。

フリーランス保護新法は、組織に属さずフリーランスとして働く人々の権利を守り、より安定した労働環境を作ることを目的に制定されました。近年、テクノロジーの進化や働き方改革の影響で、フリーランスとして働く人の数が急増しています。しかし、フリーランスは正社員と比べて法的保護を受けづらく、不安定な収入や不公平な契約条件などのトラブルに直面する機会が少なくありません。今回の施行により、このような状況の改善と取引の適正化が望まれています。

一方で、フリーランスと取引を行う企業においては、新法の施行に伴い、契約書の見直しやコンプライアンスの確保など、社内体制の整備が求められます。同法の内容を正確に理解し、実務において具体的にどのような対応を行うべきか不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、2024年11月に施行されるフリーランス保護新法の要点と実務における対応策を解説します。講師を務めるのは、多様な働き方の実現を目指す企業の労務環境整備に関して多数支援実績があり、業務委託契約等のフリーランスとの契約・運用実務に関するアドバイス経験も豊富な法律事務所ZeLo・外国法共同事業の弁護士 藤田豊大先生です。


このセミナーで学べること

  • フリーランス保護新法の制定の背景や要点
  • 下請法とフリーランス保護新法の違い
  • フリーランス保護新法の主なポイント

  • 実務における具体的な対応策
  • フリーランスと締結する契約書について見直すべきポイント
  • 企業が整備すべき体制について

こんな方におすすめです

  • 企業の経営層の方 
  • 法務責任者・ご担当の方 
  • フリーランスと取引を行う企業の方


講師

藤田 豊大
藤田 豊大
法律事務所ZeLo・外国法共同事業 弁護士

2010年一橋大学法学部卒業、2012年一橋大学法科大学院修了。2013年弁護士登録(第一東京弁護士会所属)、同年岡本政明法律事務所入所。2014年弁護士法人レイズ・コンサルティング法律事務所入所。2022年法律事務所ZeLoに参画。主な取扱分野は人事労務、訴訟/紛争解決、ジェネラル・コーポレート、ベンチャー/スタートアップ法務、M&A、IPO、危機管理、データ保護、事業再生/倒産など。

アンケート回答特典 セミナーの講義資料をプレゼント

開催概要

開催日時
2024年8月22日(木) 14:00〜15:30
受講料
無料
視聴方法
お申込みいただいた方へ、開催前日に視聴用URLをメールにてご案内いたします。
前日正午までに案内メールが届かない方は、お手数ですが、 seminar@legalontech.jp までお問合せください。
ご注意
以下の事項につきあらかじめご了承のうえお申込みください。
  • 株式会社LegalOn Technologies(以下「当社」という)と同業他社に所属される方や法律事務所に所属される方のご参加はご遠慮いただいております。
  • 講義の内容は講師に一任をしており、当社は監修等を行っておりません。
  • 講義内容へのご質問は、セミナーお申込み時点及びセミナー開催時間内に受け付けいたします。セミナー終了後にいただいたご質問へはお答えできません。また、セミナーお申込み時点及びセミナー開催時間内にいただいたご質問であっても、全てのご質問にお答えすることをお約束するものではありません。
  • お申込み情報に不備がある場合、参加をお断りさせていただく場合がございます。各項目を正しくご入力の上、お申込みくださいますようお願いいたします。
  • 本セミナーに関し、予告なくセミナータイトル等を変更させていただく場合がございます。


お申し込みはこちら

弊社プライバシーポリシーに同意の上、送信ボタンを押すことで、本セミナーへのご参加方法のご案内、今後開催されるセミナーや、製品・サービス等のご紹介を目的として、弊社と 法律事務所ZeLo・外国法共同事業が上記から送信された個人情報を保管・処理することに同意したものとみなされます。お客様はこれらの情報提供をいつでも停止できます。情報提供を停止する方法、及びお客様の個人情報を尊重して保護するための弊社の取り組みについては、弊社のプライバシーポリシー 法律事務所ZeLo・外国法共同事業のプライバシーポリシーをご覧ください。また、ダウンロードコンテンツに関する利用規約に同意の上、送信ボタンを押してください。