Nobishiro LegalOn Cloud

反社チェックが必要な理由とは?実施タイミングや注意点を解説

反社チェックが必要な理由とは?実施タイミングや注意点を解説

取引先の調査は、ビジネスの世界においては欠かせない取り組みです。特に、反社会的勢力との関与を回避するための「反社チェック」は、企業の信用やブランドイメージを守るための重要な手段です。

本記事では、反社チェックの概要や実施のタイミング、方法などについて解説します。正しい知識と注意点を把握しておくことで、安心して取引を続けられるでしょう。

人気お役立ち資料を公開中!
「反社チェックの基本と実施方法」を無料でダウンロードする


「LegalOn Cloud」でAI契約書レビューは次のステージへ

LegalOn Cloudは、AIテクノロジーを駆使し、法務業務を広範囲かつ総合的に支援する次世代のリーガルテックプラットフォームです。あらゆる法務業務をAIがカバーできるほか、サービスを選んで導入できるため、初めてリーガルテックの導入を検討する方にもおすすめです。

<関連記事> 法務が抱える三つの課題と、AI法務プラットフォームが示す解決策

反社チェックとは

反社チェックとは、企業が取引先や協力会社、投資先と契約を結ぶ前に、相手が反社会的勢力との関連や取引がないかを調査・確認するプロセスを指します。この手続きは、企業のリスクを低減し、社会的な信頼を維持するためのものです。特に、大手企業や公的機関での取引を行う際、反社チェックはほぼ必須となっています。

反社会的勢力とは

反社会的勢力とは、社会的な秩序や公共の利益を害するような活動を行う組織や個人を指します。具体的には、暴力団や関連企業、右翼団体、詐欺集団などです。

これらの勢力は、暴力的な手段や非合法的な活動を通じて利益を追求することが多く、その活動への関与は徹底的に避けなければなりません。

反社会的勢力と取引をするリスク

反社会的勢力との取引や関係を持つことは、多くのリスクを伴います。

公にその関係が知られると、企業の信用やブランドイメージが大きく損なわれる可能性があります。さらに、恐喝や脅迫を受けるリスクもあり、企業活動の存続に多大な影響を及ぼすのです。

反社チェックが必要な理由

反社チェックは、多くの会社特に大企業においては、ほぼ必須の取り組みです。ここからは、反社チェックが必要な理由を解説します。

コンプライアンスを遵守するため

コンプライアンス、すなわち企業の法令順守は、ビジネスにおいて非常に重要です。

反社会的勢力との関与や取引を禁止する法律や指針も設けられており、企業はこれを遵守する必要があります。反社チェックを行うことで、法律違反やそれに伴う罰則、損失のリスクを最小限に抑えられます。

企業価値を維持するため

反社会的勢力との関与が発覚すると、企業の信頼やブランドイメージに大きなダメージを与える可能性があります。特に、顧客、取引先、株主からの信頼を損なうと、ビジネスの継続や成長に大きな支障をきたすでしょう。

反社チェックを実施することで、これらのリスクを避け、企業価値を維持・向上させられます。

反社会的勢力の資金源を断つため

反社会的勢力は、活動を継続するために資金を必要としています。資金はさまざまなルートから得られていますが、企業との取引も資金源の1つです。不当な要求を行い企業から金銭を受け取る、フロント企業を通じて正規のビジネスとして取引を行うなどの方法で、企業の資金を流用しています。

企業が反社会的勢力との取引を未然に防ぐことは、資金の流れを断つために重要です。反社チェックを行うことで、企業が反社会的勢力の資金供給源となるリスクを低減できます。

反社チェックを実施するタイミング

反社チェックの実施タイミングは企業の状況や業種、リスク度合いによって異なりますが、一般的な実施タイミングは新規取引の開始前です。

新たな取引先や協力会社、投資先との関係を開始する前には、対象が反社会的勢力との関連や取引がないかの確認は欠かせません。さらに、既存の取引先や協力会社との契約を更新する際も、定期的なチェックが推奨されます。

反社チェックの方法

反社チェックの方法は、自社で調査する、専門調査機関に依頼するなど多岐にわたります。ここからは、具体的な反社チェックの方法を4つ解説します。

自社で調査する

反社チェックは、自社で独自の調査をすることで実施できます。

反社チェックを自社で実施する場合、まずホームページやニュース記事などの公に知られている情報をもとに背景調査を行います。取引先から提供される情報や経営陣の名前、会社の経歴なども調査対象です。

しかし、自社調査は情報が限定的であるため、十分な調査が難しい場合があります。そのため、定期的にチェックを行い、最新情報を元に分析を繰り返すことが重要です。

専門調査機関に依頼する

専門の調査機関に反社チェックを依頼する場合、機関が持つ情報ネットワークや専門知識を活用して、より詳細かつ正確な調査を受けられます。

特に、大規模な取引や高リスクと判断される取引の際に推奨される手段でしょう。費用はかかるものの、安全確認のための投資として考えることができます。

行政機関に照会する

行政機関への照会は、特定の取引先や事業者に対して反社会的勢力との関わりがないかを確認するための方法の1つです。たとえば、警察や消費者庁などの公的機関に情報提供を求めることができます。しかし、行政機関が提供する情報には限界があるため、他の方法との併用が望ましいでしょう、

反社チェックツールを活用する

反社チェックツールの活用も有効な手段です。反社チェック専門のツールやソフトウェアの登場により、企業は迅速かつ正確に取引先の調査が可能になりました。

反社チェックツールを活用すれば、反社会的勢力と関連が疑われる企業や個人の情報を集約したデータベースにすぐアクセスできます。そのため、手動での調査よりもすばやく結果を確認可能です。

相手が反社だった場合の対応方法

取引先やビジネスパートナーとの関係を築く際、反社チェックの実施はとても重要です。しかし、慎重に調査を行ったとしても、時折、取引先やビジネスパートナーが反社会的勢力である事実が明らかになる場合があります。

事実関係が確認された場合、取引の中止や関係の解消を真っ先に考慮しましょう。その際、契約内容を再確認し、契約上の権利と義務を明確に理解しておくことが必要です。また、解消の手続きや交渉は、専門家や法律家と協力しながら進めることで、トラブルを回避できる可能性が高まります。

関係を解消した後も、社内での情報管理や社外へのコミュニケーションが重要となります。具体的には、関係者への適切な説明や、必要に応じて公表する内容を検討することが求められます。公表する場合、事実に基づき冷静かつ適切な言葉を選ぶことで、企業の信頼性を維持できるでしょう。

反社チェックを行う際の注意点

反社チェックは、取引先やビジネスパートナーの背景を確認し、企業が安全かつ適切な関係を築けるようにするための重要な取り組みです。そのため、対応には慎重さが求められます。

ここからは、反社チェックを行う際の注意点について解説します。

継続的に実施する

反社チェックは、一度行っただけで終わりではありません。企業や個人の背後にある状況や関係性は、時間と共に変わる可能性があります。そのため、定期的に反社チェックを行い、新たなリスクを未然に防ぎましょう。

また、継続的なチェックを通じて情報をアップデートすれば、リスク管理の質を向上させられます。

反社と判明したら弁護士・警察に相談する

反社チェックの結果、取引先やビジネスパートナーが反社会的勢力であるとの疑念が生じた場合、直ちに適切な専門家の意見や支援を求めることが重要です。

弁護士や警察に相談することで、適切な対応策を考えるための有益な意見や情報を得られるでしょう。外部の専門家との連携は、企業の安全を確保し、適切な行動を取るために大切です。

まとめ

反社チェックは、ビジネス活動を安全かつ確実に進めるための絶対的な必要手続きです。取引先やビジネスパートナーの背後に隠れる潜在的なリスクを早期に察知し、企業価値や信用を守る役割を果たします。

継続的な実施や適切な対応策、そして反社であると判明した場合の外部の専門家との連携など、様々な注意点を念頭に置くことが重要です。正しい知識と手法をもって反社チェックを行うことで、企業の安全性と信頼性を高められます。反社チェックの結果、問題がなければ契約書を取り交わしましょう。

LegalOn Cloud」でAI契約書レビューは次のステージへ

LegalOn Cloudは、AIテクノロジーを駆使し、法務業務を広範囲かつ総合的に支援する次世代のリーガルテックプラットフォームです。あらゆる法務業務をAIがカバーできるほか、サービスを選んで導入できるため、初めてリーガルテックの導入を検討する方にもおすすめです。

<関連記事> 法務が抱える三つの課題と、AI法務プラットフォームが示す解決策


※本記事は2023年9月時点の情報を基に執筆しております。

この記事を書いた人

NobishiroHômu編集部

エディター

NobishiroHômu編集部

法務の可能性を広げるメディア「NobishiroHômu」を編集しています。若手からベテランまで、幅広い読者の関心にこたえる記事を配信します。

AI契約書レビューや契約書管理など
様々なサービスを選択してご利用できるハイスペック製品

製品についてはこちら