Nobishiro LegalOn Cloud

企業法務に求められるスキルマップとは?対象となる従業員と役職ごとに必要なスキルについて解説

企業法務に求められるスキルマップとは?対象となる従業員と役職ごとに必要なスキルについて解説

企業法務は、企業活動における法的なリスク管理に重要なものです。企業法務を充実させることで、コンプライアンスに沿った経営ができ、法令違反や信用性の低下を防げます。

しかし経営者様の中には、「企業法務を充実させるにはどうすればいいの?」といった方もいるでしょう。企業法務を充実させるには、はじめに必要となるスキルを明確化する「スキルマップ」の構築が有効です。

本記事では、企業法務で求められるスキルマップについて解説します。企業法務の強化をお考えの経営者様などは、参考にしていただければ幸いです。

また、法務の立ち上げ方を解説した人気資料を無料公開中です。こちらもチェックしてください。

\ お役立ち資料を無料配布中!/

「5つのStepで解説!法務部のつくり方」をダウンロードする


初めてのリーガルテックなら「LegalOn Cloud」

LegalOn Cloudは、AIテクノロジーを駆使し、法務業務を広範囲かつ総合的に支援する次世代のリーガルテックプラットフォームです。あらゆる法務業務をAIがカバーできるほか、サービスを選んで導入できるため、初めてリーガルテックの導入を検討する方にもおすすめです。

<関連記事>

法務が抱える三つの課題と、AI法務プラットフォームが示す解決策

法務に法務に向いている人の特徴を解説!法務部の人材選びの基本

企業法務におけるスキルマップの対象

スキルマップは、従業員の業務におけるスキルレベルを表したものです。業務に関する能力やスキルを測ることにより、不足している能力の把握・改善、および教育計画の策定をおこないます。求められるスキルは携わる業務によって異なり、評価の対象が変わります。企業法務の場合には、以下の人物が対象です。

  • 経営陣
  • 管理職
  • 企業法務に携わる部署の従業員

評価される項目や求められるスキルレベルは、対象によって異なります。

企業人として求められる基本的能力

企業人として求められる要素としては、以下のようなものです。

関連記事:企業法務弁護士とは?企業内弁護士と顧問弁護士の違いと主な業務内容

事務処理能力

事務処理能力は、担当案件を正確かつ迅速に処理する能力です。対象ごとに、以下のようなスキルが求められます。

自社が展開するビジネスへの理解

企業人に求められるスキルとしては、自社事業の収益モデルをはじめ、他社との関係性を理解する能力が必要です。

法務に携わるうえで身につけるべき能力

法務に携わるうえでは、以下のような知識・スキルを備えておくことが必要です。

法律に関する理解

企業法務を担当する場合には、自社が展開する事業に関する法律をはじめ、法務担当者としてもつべき法律への理解が必要です。

情報収集能力と分析力

企業法務では、法に関するリスクマネジメントが必要です。収集した情報を法律にあてはめ、リスクが大きいか判断しなければなりません。加えて、情報を収集する際もITの活用や聞き込み調査などをおこない、しっかりと事実を把握する必要があります。

文章力

企業では文章によって回答・指示を出すケースがあることから、法務に携わる者には文章力も求められます。

法務専門家としての倫理観

法務に携わる者には、専門家として倫理観のある行動・思考・言動も求められます。

業務を円滑に進めるうえで必要な能力

法務に携わる者には、業務を円滑に進めるための以下のような能力も求められます。

コミュニケーション能力

法務部には、他の部署と連携して業務を進めるためのコミュニケーション能力が必要です。

解決策の考案・提案する能力

自社が抱える課題の解決を目指すには、メリット・デメリットのバランスをとりつつ、解決策を提案できる能力が求められます。

交渉力

業務・取引をスムーズに進めるには、相手方の現状や立場を把握したうえで、納得させられる交渉力が必要です。

企業法務で求められるそのほかのスキル

上記のほか、企業法務では以下のようなスキルも求められます。

企業には、様々な法的リスクが存在します。企業法務を通じて予防・適切な対処に努めることで、リスクを最小限に抑えられるでしょう。

初めてのリーガルテックなら「LegalOn Cloud」

LegalOn Cloudは、AIテクノロジーを駆使し、法務業務を広範囲かつ総合的に支援する次世代のリーガルテックプラットフォームです。あらゆる法務業務をAIがカバーできるほか、サービスを選んで導入できるため、初めてリーガルテックの導入を検討する方にもおすすめです。

<関連記事> 法務が抱える三つの課題と、AI法務プラットフォームが示す解決策

まとめ

企業法務は、企業に関連する法的なリスク管理に重要なものです。スキルマップを活用し、関係者のスキルアップを図ることで、より企業法務を充実させられます。

また企業法務の強化には、「LegalOn Cloud」などの業務システムの導入も有効です。法務部の体制強化を図り、企業法務を充実させましょう。

この記事を書いた人

NobishiroHômu編集部

エディター

NobishiroHômu編集部

法務の可能性を広げるメディア「NobishiroHômu」を編集しています。若手からベテランまで、幅広い読者の関心にこたえる記事を配信します。

AI契約書レビューや契約書管理など
様々なサービスを選択してご利用できるハイスペック製品

製品についてはこちら