Nobishiro LegalOn Cloud

内部統制システムとは?定義やメリットを解説

内部統制システムとは?定義やメリットを解説

内部統制システムは、企業の経営効率と効果性を向上させ、法令遵守を確保し、財務報告の信頼性を高めるための重要な仕組みです。

この記事では、内部統制システムの基本的な概念から法令に基づく定義、その実施における具体的な要素やメリットについて詳しく解説します。

また、内部統制システムが企業にどのような影響をもたらし、コーポレートガバナンスとどのように関連しているのかについても考察します。この記事を通じて、内部統制システムの真の意義とその企業経営における重要性を理解していただけることを目指します。


\ 人気お役立ち資料を無料公開中 /

「弁護士が解説!IPO準備企業に必要な契約リスクガバナンス体制」を無料ダウンロードする


初めてのリーガルテックなら「LegalOn Cloud」

LegalOn Cloudは、AIテクノロジーを駆使し、法務業務を広範囲かつ総合的に支援する次世代のリーガルテックプラットフォームです。あらゆる法務業務をAIがカバーできるほか、サービスを選んで導入できるため、初めてリーガルテックの導入を検討する方にもおすすめです。

<関連記事> 法務が抱える三つの課題と、AI法務プラットフォームが示す解決策

内部統制システムの基本的な概念

内部統制システムは、企業のガバナンスを強化し、組織の目的達成を支援するための一連のプロセスや手続きから成り立っています。これは、組織のリーダーシップ、戦略、そしてリスク管理に深く関わっており、企業の持続可能な成長と成功に寄与する要因となります。
内部統制は、効果的な運営、信頼性のある財務報告、法令の遵守、そして資産の保護を確保するために設計されています。

法令に基づく定義とその意義

内部統制システムは、各国の法令に基づいて定義され、規制されています。例えば、日本では、会社法や金融商品取引法などが内部統制に関する基本的な法令となっており、これらの法令は企業が適切な内部統制を構築・運用することを求めています。
これらの法令に基づく定義は、企業が社会的な責任を果たし、ステークホルダーからの信頼を獲得するための基準を提供しています。また、法令遵守を通じて、企業のリスク管理が強化され、組織の持続可能な成長が支援されるのです。

内部統制システムの主な目的

内部統制システムの主な目的は、企業の効率と効果性の向上、リスクの管理、法令遵守、そして情報の信頼性と保護です。具体的には、業務プロセスの効率化、不正行為の予防や検出、財務報告の正確性の確保などが目的とされます。
また、内部統制は、企業の戦略的目標の達成をサポートする役割も果たします。これには、市場の変化に対する適応能力の向上や、新しいビジネスチャンスへの迅速な対応も含まれます。
内部統制システムは、企業全体の文化や価値観にも影響を与え、組織の倫理的な行動やコーポレートガバナンスの強化にも寄与します。これにより、企業は社会的な信頼を築き、持続可能な成長を追求する基盤を確立することができるのです。

義務付けられている会社の範囲

内部統制システムの構築と運用は、特定の企業に対して法律で義務付けられています。この義務は主に、会社法と金融商品取引法に基づいて規定されており、それぞれ異なる対象会社が存在します。

会社法に基づく対象会社

会社法に基づく内部統制の義務は、主に大企業や上場企業を対象としています。これには、取締役会を設置する会社や、一定の資本金を有する会社が含まれます。会社法は、企業の組織的な側面から内部統制を規定しており、経営の透明性の確保や、株主の権利保護を目的としています。

金融商品取引法に基づく対象会社

金融商品取引法は、特に上場企業に対して内部統制の義務を課しています。この法律は、財務報告の信頼性を確保し、投資家保護を図ることを目的としており、企業は財務報告に関する内部統制システムの整備と運用が求められます。

内部統制システムの主要な要素

内部統制システムは、企業の経営活動を適切に支え、リスク管理を効果的に行うための仕組みです。このシステムはいくつかの主要な要素から構成されており、それぞれが企業の目的達成に寄与しています。

共通の統制要素

内部統制システムの根幹をなす共通の統制要素は、組織全体で統一され、遵守されるべき基本原則です。
これらの要素には、統制環境の構築、リスクの評価、統制活動、情報とコミュニケーション、そしてモニタリングが含まれます。
統制環境は、企業文化、倫理観、人事方針など、内部統制が効果的に働くための土台となる部分です。リスク評価は、組織の事業活動における潜在的なリスクを特定し、それらを適切に評価する過程を指します。

会社の種類に応じた特有の要素

企業ごとの規模や業界、事業内容に応じて、特色を持つ内部統制要素が存在します。
たとえば、製造業では生産プロセスや品質に関する特別な統制が必要とされ、金融業界では顧客データの保護や取引管理に関する特別な統制が求められます。これらは、各企業が直面する独自のリスクや課題に対応するための措置です。

統制の実施プロセスと評価

内部統制のプロセスは、計画立案から実行、評価、そして改善に至るまでの一連のステップから成り立っています。具体的な統制活動が行われ、その成果や問題点が評価される段階を経て、内部統制システムは継続的に見直され、最適化されていきます。

内部統制システムのメリットと効果

適切に構築・運用された内部統制システムは、企業に多くのメリットと効果をもたらします。この章ではメリットと効果について解説します。

法令遵守とリスク管理の強化

内部統制システムは、企業が法令や規制を遵守し、ビジネスリスクを効果的に管理するための支援を提供します。これは、不正行為の予防、業務プロセスの効率化、そして情報の精度と信頼性の保証を通じて実現されます。これにより、企業は法的な問題や、リスクからくる潜在的な損失から自身を守ることができます。

企業の信頼性とブランド価値の向上

内部統制が適切に行われている企業は、顧客やビジネスパートナーからの信頼を勝ち取ることができます。これは、企業のブランド価値の向上に寄与し、さらには新しいビジネスの機会を引き寄せる可能性もあります。

ステークホルダーとの関係強化

内部統制システムは、企業とそのステークホルダーとの間の関係を深める役割も果たします。適切な内部統制が施されている企業は、透明性があり、信頼性のある情報をステークホルダーに提供することができ、これが長期的な信頼関係の構築につながります。これは、企業が持続可能な成長を遂げる上で非常に重要な要素となります。

内部統制システムとコーポレートガバナンスの関連性

内部統制システムとコーポレートガバナンスは、企業経営の二つの重要な柱です。これらは、企業の適切な運営をサポートし、ステークホルダーの利益を保護する役割を果たします。この章では、それぞれの概念、企業経営における役割、そして相互の関係と統合について詳述します。

両者の定義と違い

内部統制システムは、リスク管理、業務プロセス、情報の信頼性の確保など、企業の日常業務を支えるシステムや手順を指します。一方、コーポレートガバナンスは、企業の経営方針の形成、実施、監視に関わる体系を指し、経営の透明性や公平性を保障する枠組みを提供します。

企業経営におけるそれぞれの役割

内部統制システムは、企業のオペレーショナルな側面に焦点を当て、業務の効率と法令の遵守を確保します。コーポレートガバナンスは、より戦略的な視点から企業の方向性を監督し、長期的な成功をサポートします。

両者の相互作用と統合的な運用

内部統制システムとコーポレートガバナンスは、相互に連携し合い、企業の健全な経営を支えます。良好なコーポレートガバナンスの下で、内部統制システムはより効果的に機能し、企業のリスク管理と経営の透明性が向上します。逆に、内部統制が不十分だと、コーポレートガバナンスの効果も低下する可能性があります。

まとめと今後の展望

内部統制システムは、企業の健全な経営を支える重要な要素です。本記事では、内部統制システムの義務付けられている会社の範囲から、その具体的な要素、メリットと効果、そしてコーポレートガバナンスとの関連性について詳しく解説しました。

今後の展望として、内部統制システムとコーポレートガバナンスの更なる発展と統合が期待されます。これにより、企業の持続可能な成長と、より高い企業価値の創出が可能となるでしょう。企業は、内部統制システムを利用していく必要があるでしょう。

初めてのリーガルテックなら「LegalOn Cloud」

LegalOn Cloudは、AIテクノロジーを駆使し、法務業務を広範囲かつ総合的に支援する次世代のリーガルテックプラットフォームです。あらゆる法務業務をAIがカバーできるほか、サービスを選んで導入できるため、初めてリーガルテックの導入を検討する方にもおすすめです。

<関連記事> 法務が抱える三つの課題と、AI法務プラットフォームが示す解決策

この記事を書いた人

NobishiroHômu編集部

エディター

NobishiroHômu編集部

法務の可能性を広げるメディア「NobishiroHômu」を編集しています。若手からベテランまで、幅広い読者の関心にこたえる記事を配信します。

AI契約書レビューや契約書管理など
様々なサービスを選択してご利用できるハイスペック製品

製品についてはこちら