Nobishiro

なぜ組織体制の強化が必要なのか?強化を図る際の4つのポイント

なぜ組織体制の強化が必要なのか?強化を図る際の4つのポイント

市場の変化が著しい昨今、企業で注目を集める組織体制の強化。企業を取り巻く環境の変化も急激なことから、生き残るために強い組織づくりに取り組む企業も少なくありません。

本記事では組織体制の強化が注目されている背景をはじめ、組織体制が充実している企業の特徴や、強化を図るときのポイントまでを分かりやすく解説します。組織体制の強化を図るときは、ぜひ参考にしてください。

法務担当者必見!「5つのステップで解説!法務部のつくり方」ガイドブック

組織体制の強化が注目される背景

昨今、組織体制の強化が必要と言われていますが、主な理由としては以下の2点が挙げられます。

企業を取り巻く環境の変化

まずは企業を取り巻く環境の変化です。事業を展開するうえでは、トレンドに敏感に反応し、市場のニーズに適用していく必要があります。しかしながら、現代は「VUCA時代」に突入したとされており、不確実性が高く、将来の予想が困難といわれるようになりました。

このように市場の変化が著しい昨今、企業にはスピーディーな経営判断が求められます。変化についていけない企業の生き残りは難しいと考えられていることから、組織体制の強化を図り、迅速な対応の実現が必要です。


働き方の多様化

働き方の多様化も、組織体制の強化が必要と言われる要因の一つです。IT技術の進歩やフレックスタイムの導入により、労働環境は大きく変わりました。リモートワークや時間に捉われない働き方を導入する企業もあり、政府を中心に労働時間の短縮が推進されています。

このような労働環境の変化により、企業では生産性の向上を図るため、社内での連携が重要視されるようになりました。ただ働き方が多様化により、社内での連携が取りにくくなったことから、組織体制の強化が必要と考えられています。


関連記事:組織体制とは?組織体制の種類と導入の際のメリットや課題を解説

組織体制が充実している企業の特徴

組織体制が充実しているといわれる企業には、以下のような共通点があります。共通する特徴を把握しておくことで、自社が取り組むときの参考になるでしょう。

企業のビジョンや経営計画が社内でしっかりと共有されている

組織体制が充実している企業は、ビジョンや経営計画が社内でしっかりと共有されているのが特徴です。経営陣と従業員とで意識の共有ができており、同じ方向性で行動や判断ができます。

「指示されたことをやるだけの仕事」と「目標に向かってやる仕事」では、業務の質やスピードに差が出てしまうでしょう。ビジョンや経営計画がしっかりと社内で共有されている企業は、ゴールが明確なため、従業員も目標に向かってやる仕事に取り組みやすいと考えられます。


適切な人員配置がおこなわれている

人材の配置は、従業員がパフォーマンスを発揮するために重要な要素です。組織体制が充実している企業では、適材適所の人員配置がおこなわれており、従業員も自分のパフォーマンスをいかんなく発揮しています。従業員も意欲的に業務に取り組めるので、生産性の向上にもつながるでしょう。

コミュニケーションが活発で連携・協力体制が充実している

組織体制が充実している企業は、コミュニケーションが活発です。連携や協力体制がしっかりとしており、スムーズに業務を進められます。たとえば社内のコミュニケーションを活発にするためには、コミュニケーションの活用が有効です。コミュニケーションが活発な企業では、様々なツールを活用し、円滑なコミュニケーションを実現しています。

安心して働ける職場環境が整っている

組織体制が充実している企業は、心理的安全性が高いことも特徴です。上司は部下の意見を尊重し、積極的に提案できる環境が整えられています。部下も積極的に仕事に取り組めるため、新たなアイデアも生まれやすいでしょう。

また、心理的安全性を高めることは、建設的な議論を実現することにもつながり、問題や課題の解決も図りやすくなります。


人材育成制度が充実しており社員のスキルアップを図っている

人材育成制度が充実していることも、組織体制が充実している企業の特徴です。個人の能力開発やスキルアップを図っているため、自然と組織力が高まります。

また、充実した人材育成制度は、モチベーションアップにも効果的です。あらたなスキルを身に付けることで、従業員は自己成長を実感でき、モチベーションも高まります。従業員のスキルアップ・キャリアアップは政府も促進を図っており、組織他性が充実している企業では、積極的に取り組んでいます。


組織体制が不十分な企業が抱える課題

一方で組織体制が不十分とされる企業では、以下のような課題を抱えがちです。

  • 社員間のコミュニケーションが不足しており、社内で連携がとれない
  • 人材育成制度がなく、従業員のスキルアップが図れていない
  • 心理的安全性が確保されておらず、従業員がすぐに辞めてしまう
  • 上司の指示がないと行動できず、業務の効率が上がらない

いずれかの課題が自社にも当てはまるときは、組織体制の強化を検討する必要があります。

組織体制を強化する4つのポイント

組織体制の強化を図るときは、以下の4つのポイントをおさえて取り組むのがおすすめです。

関連記事:組織体制の作り方とは?企業の成長と持続に関わる重要性

ビジョンや経営計画を社内で浸透させる

組織体制を強化するには、ビジョンや経営計画を社内で浸透させましょう。社内で意識の共有ができれば、従業員はゴールが理解でき、同じ方向性で業務を遂行できます。

ただし、ビジョンや経営計画は、単に掲げるだけでは社内に浸透しません。ホームページに掲載したり、社内報を活用したりするなど、様々な手段を駆使して浸透させていく必要があります。


職場環境や人事制度の整備で従業員のエンゲージメントを高める

組織体制の強化には、従業員のエンゲージメントを高めることも大切です。職場環境や人事制度を整備することにより、従業員のモチベーションアップが図れ、エンゲージメントの向上にも期待できます。

たとえば、自分の頑張りがきちんと評価される人事制度であれば、従業員のモチベーションも高まります。企業に対するエンゲージメントの向上にも期待でき、より意欲的に業務に取り組んでくれるでしょう。


また、上司と部下のコミュニケーションも重要です。部下の意見も尊重し、有効なものは積極的に取り入れていくことで、一人ひとりが主体的に働ける環境を構築できます。


社員がスキルアップしやすい企業風土を構築する

組織体制の強化には、従業員のスキルアップが必要不可欠です。社内研修や社外のセミナーを活用するなどして、人材育成制度を充実させ、スキルアップしやすい環境を整えましょう。

また、従業員のスキルアップには、失敗を許す姿勢も大切です。失敗を許さない風土だと従業員は委縮してしまい、本来のポテンシャルを発揮できません。ある程度の失敗は許容する風土をつくることで、従業員も積極的に業務に取り組むことができ、生産性の向上にも期待できるでしょう。


課題を可視化して連携力を高める

組織体制の強化には、組織が抱える課題を可視化することもポイントです。取り組むべきことが明確になり、意識の共有がしやすくなります。洗い出した課題は共有し、組織全体で解決する仕組みをつくりましょう。

経営陣だけが課題を把握していても、効率的な解決は望めません。従業員が課題を把握していなければ、抜本的な解決にはつながらず、あらたな課題が発生する場合もあります。課題を共有して組織全体で解決に取り組むことで、連携力も高まり、課題の解決もしやすくなるでしょう。

関連記事:組織体制を変更する意味とは?メリットとデメリットについて解説


法務をシームレスに支援する次世代リーガルテック「LegalOn Cloud」

「LegalOn Cloud」は、法務業務をシームレスに支援する次世代リーガルテックです。契約審査から締結後の契約管理、法務相談案件の管理、法令リサーチ、法改正対応まで、あらゆる法務業務を最先端のAIを搭載したLegalOn Cloudがカバーします。日々の業務の中で生まれる自社の法務ナレッジ。LegalOn Cloudなら自然に集約、AIが自動で整理し適切なタイミングでレコメンド。ナレッジマネジメントの未来の形を実現します。

まとめ

環境の変化が著しく働き方が多様化する近年において、組織体制の強化は重要視される取り組みの一つです。体制を強化し強い組織をつくることで、著しい変化に対応できます。

ただし組織体制の強化は、ただ取り組めばよいというわけではなく、ポイントをおさえた構築が大切です。組織体制が充実している企業の特徴も参考にしながら、適切な組織体制を構築しましょう。


<この記事を書いた人>

Nobisiro編集部

AI法務プラットフォーム「LegalOn Cloud」を提供するLegalOn Technologiesが運営する、法務の可能性を広げるメディア「Nobisiro」編集部。の法務担当者の日々の業務に役立つ情報を発信しています。

AI契約書レビューや契約書管理など
様々なサービスを選択してご利用できるハイスペック製品

製品についてはこちら